排水管が腐食したら

排水トラブルや漏水の修繕費用について

排水管修理工事で信頼できる業者とは

腐食の進んだ排水管は損傷リスクがある

マンションやビルの排水管問題で、最もよく目にするのがトイレや流し等の逆流トラブルです。
逆流の原因の多くは排水管の詰まりで、共有部の配管が劣化閉塞していることに起因します。
適切な処置を施さなければ、事態の悪化を招くだけでなく悪臭の原因にもなります。
排水管の劣化形態としては、鋳鉄管が黒鉛化腐食を発生するケースがあります。
そのほか排水管の材質によって、管端腐食やコーティングの劣化を招くことになります。
黒鉛化腐食が進んだ箇所では、排水管の強度がかなり低下している可能性があります。
それゆえ高圧洗浄を施工すると、排水管を損傷するリスクがあります。

黒鉛化腐食が進行すると漏水トラブルに

黒鉛化腐食で劣化した部分は、洗浄ノズルなどで削られる恐れがあります。
そうなると漏水トラブルにつながるので、施工前には管内の状況をよく確認する必要があります。
特に油脂などの付着が酷い排水管を高圧洗浄する場合、管内状況を観察しながら漏水などの対策も同時施工する必要があります。
また従来型のねじ込み式継ぎ手は、管端防食継ぎ手のような防食機能を備えていません。
そのため管端鉄部が露出しやすい傾向があり、継ぎ手部分の腐食を招くことになります。
ひと度塗装が剥がれると、油脂などが付着しやすくなり詰まりの原因になるわけです。
さらに黒鉛化腐食が進んで、最終的には漏水に至るケースもあります。


劣化した場合は早急な対処が必要です。
配管修理は信頼できる業者に依頼することが肝心で、配管の状態を適切に見極められるスキルが必要です。
工事の調査や打ち合わせに多くの時間を割いてくれる業者であれば、信頼性が高いと言えます。
工事の世界は段取りが8割と言われるように、事前の準備が肝心だからです。
調査に十分時間をかけることで、施工後のトラブルの発生も防げるからです。
また良心的な業者であれば、工事代金などもリーズナブルになるものです。
中間マージンなど余計なコストをカットし、顧客の利益を図ってくれるからです。
安いからと言って、手抜きをすることもありません。

結果的に修繕費用を大幅に抑えられる

実績のある排水管修理業者は、依頼者が納得するまで足を運んでくれます。
それゆえ見積もりや工事で分からないことがあれば、気軽に相談することができます。
打ち合わせの中では、依頼者が気づかない課題なども浮き彫りになり、後で再工事などの余計な手間がかかる事態を防げます。
ひと度漏水が発生すると、大掛かりな補修工事を要する事態になりかねません。
何より十分な打ち合わせが、排水管のトラブルを未然に防ぐことができると言えます。
トラブルを未然に防ぐことで、結果的に修繕費用を大幅に削減することができるわけです。

人気記事ランキング